2013年1月23日水曜日

(第54号)『中国語を喋る宇宙人』

;
;
;

昨年10月に日本で公開されたイタリア映画、


「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」

 
は、東京渋谷で単館開催され、折りしも、映画『神秘の法』が真っ盛りであったことから、観そびれてしまい、その後、年末にかけて、大阪・栃木でやはり単館開催されたものの、残念ながら鑑賞に行ける機会がなく、結局、

「半年後のDVDレンタル開始まで待つしかないか」

とあきらめておりました。

ところが、各地での単館開催が逆に幸いしたのか、レンタル開始の方は、特約で、半年を待たず年明け早々に始まり、昨日偶然、レンタル店の新作コーナーで発見することが出来ました。

「これは、ヘラトリ読者に紹介しないわけにはいくまい」

と、早速借りてきて、本日、ここにコメントを掲載する次第です。

本作は、イタリア映画ながら、本ブログ第48号(「ナチスが月からやってきた!」)で紹介したスウェーデン映画「アイアン・スカイ」(ナチスのUFOモノ)同様、海外ではちょっとした話題になっている作品です。

 

物語は、ローマ郊外に着陸したUFOから降りてきた宇宙人をイタリアの情報当局が捕獲したところ、

「中国語を喋っていた!」

というところから始まります。

その宇宙人の容姿は、どちらかと言うと「水生系」で、敢えて言えば「イカ型宇宙人のような」と言えるでしょうか。

(事実、映画の中に登場するイタリア政府の情報局長と思しき人物は、その宇宙人に向かって、「このイカ野郎!」と罵って(ののしって)います。)

水生系の宇宙人としては、2010年春に日本でも公開された映画「第9地区」(南アフリカ上空に突如宇宙人難民を乗せたUFOが押し寄せたという設定)に「エビ型宇宙人」が
登場したので、この手のものは、

どこかに原型があるのかも(或いはアメリカ政府に情報が)あるのかもしれません。

(少なくとも、ハッピーサイエンスの「エリア51に対する遠隔透視」ではタコ型宇宙人が発見されているので(注1)、これはあり得る話だと思います。)

いずれにせよ、同じく行われた「中国の秘密軍事基地に対する遠隔透視」の中で発見された宇宙人とも、外見が異なっておりましたが(注2)、

「中国に対しても、複数の宇宙人からコンタクトがされている」

ことについては、様々に証言がありますから、この辺りもいずれ全体像が明らかになってくると思います。

 

登場宇宙人と現代中国の類似性


 

 物語は、拘束されたイカ型宇宙人と、それを尋問するイタリア政府の情報局長と、中国語の通訳を務めるイタリア人女性(主役と思われる)の三者の会話を軸に展開していきます。

劇場映画としては短い方なので(83)、あまり筋を追ってネタバレしても申し訳ないですから、ここでは、

「最後に、とんでもないどんでん返しがある!」

とだけ申し上げておきましょう。

 本作品を観て、強く印象に残った点にていて、二つほど言及しますね。

一つは、

「宇宙人問題の全体像を掴む(つかむ)のは、本当に難しいことだな」

ということです。

この映画にしても、大半のハリウッド宇宙人映画にしても、基本のコンセプトは侵略(恐怖)です。(ちなみにこの映画はコワくありませんからご安心を。)

このワンパターンで来るか、或いはその正反対に振れるか(例えば「E.T.」)、大体どちらかですね。

直近のニューズウィーク誌に、本ブログ第43号(パラレル・ワールドをまたいでみよう!)でも紹介した理論物理学者のミチオ・カク氏(ニューヨーク市立大教授)が寄稿していて、その中で教授は、

「私は、宇宙人は友好的な存在だと思う。だから安心したまえ、彼らは穏やかにやってくる」

と主張した上で、その理由を「ケプラー宇宙望遠鏡の観測結果に基づいて」説明しています。

これは明らかに、同業のスティーブン・ホーキング博士を意識した発言でしょう。(ホーキング博士は、「宇宙人がいるなどと考えたくもない。もし居たら、我々は、コロンブスに遭遇したアメリカン・インディアンのように殲滅(せんめつ)されてしまうからだ」という有名なセリフを残しています。)

ミチオ・カク教授もホーキング博士も、どちらか一方(友好的か侵略的か)に片寄っています。

「両方いるのだ」

ということには、なかなか考えが至らないようですね。

 もう一つ、この映画の作り手の意図として感じたことは、

「この宇宙人に中国語を喋らせて、現在の中国(政府)の姿勢と二重写しにしたのだろう」

ということでした。

「穏やかな言葉の陰に隠された危険な意図」

というものについては、第二次大戦(ヒトラーの侵略)を経験したヨーロッパの人々は、本能的に察知するのかもしれません。

前号のブログで指摘したとおり、

「外交軍事面における、ナチスドイツと現代中国の類似性」

は、国際政治学の世界では、ある意味で常識です。

これに宇宙人を絡めてきたあたり、作品としてはハリウッド物の持つエンターテイメント性は少ないものの、玄人(くろうと)受けする映画である点、お勧めできる一作です。

 

 それにしても、こういう映画が一本も創られない(『神秘の法』を除いて)日本の国というのは、UFO後進国というか、「宇宙人問題」に関して完璧な情報統制下に置かれていることが明らかですね。

早く国会議員が誕生しないかと、心待ちにしています。

そうしたら、国政調査権を発動して、

JALANA、航空自衛隊のUFO情報を強制開示」

させてしまいましょう。(了)

 
 

(注1)『ネバダ州米軍基地「エリア51」の遠隔透視』(大川隆法/幸福の科学出版)


 

(注2)『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』(同上)

2013年1月15日火曜日

(第53号)『なぜ、幸福の科学大学が必要なのか~国際政治学の視点から~』





 今回は、やや変わったタイトルを選んでみました。

多少、ハッピーサイエンスのメンバー向きに見えるかもしれませんが、読んでいただくとお分かりのとおり、内容は一般的な普遍性を広く持っていると自負しておりますので、

敢えてこの表題で行かせて頂きたいと思います。

様々にある「幸福の科学大学論」の中でも、「国際政治学」の視点から切り込んだものは、まだないと思いますので、新鮮かと思います。

大川隆法総裁の大学時代の専攻が「国際政治学」であったことを意識した論考になっていることは、勿論です。

 
恐るべきは、学問を占領されること
 

 多くの人は、例えば、幸福実現党の主張でもある

「中国の脅威に備えよ」、

「中国の核ミサイルや北朝鮮の核実験をにらんで、日本の国防を強化しなければならない」

という見解を訴えたときに、何とも言えない「空しさ」(通じないという感覚)を味わったことが、ままあるかと思います。

それは、国民の大宗が、教育とマスコミを通じて、一定の「洗脳」を受けているという現実があるからで、特に戦前生まれの世代が社会の第一線から退いたこの十年あまり、非常に顕著な現象として、社会を覆ってきました。

具体的には、

「中国に悪意を持ってはいけない」、

「悪意を持った国(ex中国、北朝鮮)の意図を防衛力で挫く(くじく)などということは、するものではない」

などというものですね。

これを無意識のうちに初等教育のうちから教え込まれ、社会人になってからは、「マスコミの説く常識」として刷り込まれるわけですが、発信源はすべて、大学で教える学問の中にあります。

(小中学校の先生もマスコミのジャーナリストも、すべて大学の学者の発信する「学問」に依拠しているからです。)

これほどまでに、「学問を占領される」のは恐ろしいことで、あのケインズも、「学問と思想の洗脳力ほど怖いものはない」と述懐していました。

 

 幸福の科学をフォローしている方ならご存じのとおり、戦後のいわゆる「左翼史観」、「自虐史観」の日本人学者の側からの発信源は、東大法学部政治学科の丸山真男、坂本義和らでした。

彼らに学んだマスコミ人が、やがて新聞の論説委員、編集委員などになって、毎日毒水?を流してきたのですから、たまったものではないのですが、ここでひとつ、「頭の体操」をしてみて頂きたいのです。

日本の左翼的な(国際)政治学というのは、かなり特異(奇異)な現象であって、欧米の正統派の国際政治学は、これとは大分異なった様相を呈しています。

もちろん、欧米の方にも、坂本らの空想的な?平和主義ほど極端でないにしても、理想主義的な国際政治学が一時期流行ったこともあるのですが、それに対して、

「現実を見据えよ」

と厳しく批判して、現在の国際政治学の正統派(主流派)を形成してきた人達がいました。

今のアメリカなどの大学では、学生はこの「国際政治学」を中心に学ぶのですが、もし日本の大学でも、丸山、坂本らの「政治学」ではなくて、今からご紹介する主流派の国際政治学を歴代学んできたとしたら、

「日本のその後の歴史はどう展開してきただろうか」、

「今とは違う、別の啓蒙を受けた日本の世論は、皆様の働きかけに対して、今頃、どのような反応をしているだろうか」

というのを想像して頂きたいのです。

  
ここまで現代中国の出現を言い当てた予言の書!
 

 今から採り上げるのは、現代国際政治学の祖とも言うべき、

ハンス・モーゲンソー元シカゴ大学教授(1980年没)

の代表作で、欧米の大学の国際政治学の授業では教科書代わりに使われている、
 

『国際政治~権力と平和~』

(Politics among Nations: The Struggle for Power and Peace)


です。著わされたのは、中華人民共和国が成立する前年の1948年でした。

モーゲンソー教授らが現代の国際政治学を定立した動機(情熱)というのは、

「なぜ二度までも、世界大戦は起きてしまったのか」

という、その原因を究明したかったからでした。

その結果、教授が到達した結論は、

「第一次世界大戦は、現状維持を願う相手国を「侵略を狙っている」(帝国主義的)と誤解して、疑心暗鬼になったところから起きた。これに対して、

第二次大戦は、侵略を狙っている欧州の帝国主義的な国(ナチスドイツ)を「現状維持(現状回復)を願っているだけだ」と甘く見たところから起きてしまった」

ということです。

こういう視点(特に第二次大戦に対する観方)を持っていると、現代の中国の本質(正体)を見抜くときに、大きな力を発揮することがお分かり頂けるでしょう。

以下に同書からの引用を挙げますが、そこに登場する帝国主義的な国(ナチスドイツ)を「現代の中国」に置き換えると、目から鱗(うろこ)の落ちる人も多いと思います。
 

「帝国主義的な国に対して融和策をとる国(例えば今の日本ですね)は、彼らの一個一個の要求が、合理的で限定的なものだと考えるが、その見方の決定的な誤りは、

彼らの要求が、決してそれだけで独立したものでもなければ、特定の不満から生まれたものでもなく、最終的に相手(ex.日本)を打ち倒すに至る鎖の輪の途中の一つに過ぎないということを、初めから見落としている点である…

従って、これによる漸進的な変更は両者の力関係を必ず逆転させ、帝国主義国は、宥和策の怖さを知らない相手(ex.日本)から、一滴の血も流さないで、決定的な勝利を勝ち取ることになるだろう」

(まるで今の尖閣の状況を予言したかのような一節です。)

 

「(無制限な覇権を狙う「世界帝国」は、時に歴史に登場するものである。)彼らは合理的な限界を知らず、優勢な勢力によって止められなければ、世界の果てまで突き進むような「膨張への衝動」を、歴史上共通に持っている。…

この欲望は、「征服可能なものはすべて征服しよう」とする点において、まさしく節度に欠けた衝動である」

(習近平の隠された本性は、「歴史上確かに存在したことがあり、今後も登場し得るのだ」ということを、学問的に実証した警句でしょう。)

 

「帝国主義国のことを現状維持を望む国と見誤って、宥和策を採ることは、致命傷になる恐れが大きい。ギブ・アンド・テイクや妥協策は、いたずらに相手を利するだけであり、

このような国に対しては、基本的に「封じ込め」によって対抗する以外に策はないと思った方が良い」

(中国包囲網の必然性が理解できる洞察かと思います。)

 

「帝国主義には、軍事帝国主義だけでなく、文化帝国主義と呼ぶべきものがある。これは、帝国主義政策の中では最も巧妙で、成功率の高い帝国主義である。

その目的は、相手国の国民の心を征服し制御することで、軍事的征服者や経済的支配者にも増して、最も安定した地盤の上にその覇権を築くことができる」

(まさに中国政府の意図を想起させるような一文です。ちなみにモーゲンソーは、ナチスドイツが第二次大戦前に、オーストリア、ベルギー、フランス等で、それらの国の政府内外の多数の有力市民をナチスの哲学に改宗させて、

軍事的占領の完了する前に、一部文化的に既に征服していた事例を挙げていますが、これなども、我々が心して対処しなければいけない現象でしょう。)

 

「英仏がナチスドイツの意図を本当の意味で理解したのは、第二次大戦勃発のわずか半年前の1939年春、チェコスロバキア併合という現実を目の当たりにしてからであった。

相手国の偽装の背後に隠れた外交政策の真実の姿を見抜くのは、大変困難を極めるが(それが国際政治学の目的の一つでもあるが)、少なくとも、1933年にヒトラーが政権を獲得したときのドイツ政府の綱領を見れば、それは予見された事態だっただろう。…

(その失われた6年の間に、英仏はもはや「降伏するか破滅的な開戦をするしかない」ところまで追い詰められるほど)ドイツ軍の軍備は増強されてしまったのである」

(ここまで来ると、もう「何をかいわんや」ですね。)

  
米国際政治学者には日本の核武装支持者も多い 


 安倍政権の登場に伴い、そのタカ派的な?スタンスをあからさまに非難するニューヨーク・タイムズの社説やストレート・タイムズ(@シンガポール)の記事などが散見されます。

率直に申し上げて、中国政府のロビー活動が相当に効いていると思われるそれらの論調(識者)や、様々な思惑・利害で動いている米政府関係者(政治家・官僚)の対日発言はさて置くとしまして、

それらの方々の向こうに居る米国際政治学の正統派の学者(モーゲンソーの後継者達)の間では、意外にも、

「日本の核武装を支持する声が多い」

(国際政治学者伊藤貫氏の見解による)

ということは、ここまで読んでこられた読者には、何となくお分かり頂けると思います。

「国際政治のバランス・オブ・パワーから言えば、核に対抗(抑止)するには核しかなく、アメリカの衰退に伴って「アメリカの核の傘が破れ始めている」現実を直視するならば、

国家として生き残りたいのであれば、核武装するのが筋」

であることは、国際政治学の正統派からすれば、「当然の結論」なのでしょう。

 

 いずれにせよ、様々に中国のケースに引き当ててお話した事例からもお分かりのとおり、丸山/坂本政治学の代わりに、こういう本来の国際政治学(学問)を大学時代に一般教養として学び、身につけ、

社会に巣立った後は、マスコミ・政界・官界その他社会の要衝で、健全な遺伝子として働いて頂ければ、

「日本の運命は大きく変わっただろう」、

「皆様方の啓蒙活動も、全く違った効果を生み出しただろう」

ということが、十分ご推察頂けるのではないかと思います。

大学を通じた「学問の改革」が、如何に重要であるか…。

幸福の科学大学の使命は無限です。(了)

2012年12月27日木曜日

(第52号) 『ロシア版“エリア51”の真相』


 
 今月(2012年12月)下旬、共同通信、The Liberty Web などが相次いで、

「ロシアのメドべージェフ首相が、『私は宇宙人ファイルを閲覧した』と発言した」

ことを報道した。いわく、
「ロシアの大統領は、核兵器のボタンのカバンと共に、宇宙人に関する最高機密も引き継ぐ。それは、地球に飛来した宇宙人に関する情報で、その中には、ロシア国内に存在する宇宙人をコントロールする秘密組織の報告書も含まれる」
と明らかにしたのである。
 
 確かに、ハッピーサイエンスの霊査によっても、
「アメリカだけでなくロシアも、一部の宇宙人から技術供与を受け、同時にその宇宙人の一部を保護して、生活の面倒を見ている」[注1]
と明かされているので、驚くには当たらないが、現実に、超大国の最高権力者の一人の口をとおして語られると、(インフォーマルなインタビューとはいえ)なかなか迫真に迫るものがある。
本年最後のコラムとして、今日は、アフタヌーンティー(午後の紅茶)の代わりに、ロシアの宇宙人基地の話をしてみよう。


         モスクワから八百キロ南にあるその基地の名は?


 アメリカの情報機関の資料よると、いわゆるロシア版「エリア51」と目される基地は、ロシア国内に二つある。
 
一つは、コードネーム「NⅡ-88」と言われる極秘施設で、アメリカでロサンゼルス・タイムズの記者もやり、『AREA51』という著書を持つアニー・ジェイコブセンによると、
モスクワの北東約六十数キロに在る。
もともとは、第二次世界大戦終了時、旧ソ連の赤軍が、アメリカの情報機関と先を争って、ナチスドイツの先端科学者の囲い込み(拉致)に取り掛かったとき、
その後アメリカに渡って、米軍製のICBM(大陸間弾道弾ミサイル)やアポロ月ロケットを完成させたフォン・ブラウン博士などはアメリカ側に押さえられたものの、残りの航空宇宙科学者をそこに強制移住させて、旧ソ連のロケット・ミサイル技術を研究・開発させた基地である。
ロケット技術もさることながら、アメリカ側には伝わらなかった円盤技術(反重力技術?)を開発していた科学者も、そこには含まれていた。
 
もっとも、残されている資料を見る限りでは、その基地で宇宙人との接触が行われていたという記録はなく、あくまで純粋な軍の秘密研究基地という位置付けなので、アメリカで言えば、どちらかというと、AREA51というよりは、ロスアラモス研究所(ニューメキシコ州)に近いだろう。


 もう一つが本命と言われている、
「カプスティン・ヤー秘密基地」
で、モスクワから約八百キロほど南で、カザフスタンとの国境からほど遠くない、ボルゴグラード(旧スターリングラード)の近くにある秘密の地下基地である。
 
表向きは「ロケット・ミサイルの実験基地」ということにされていて、実際、数多くの発射実験がそこでは行われてきた。
当地ではUFOの目撃例が多いほか、実際に旧ソ連空軍によるUFO撃墜事件が報告されている点は、アメリカのロズウェル基地にも似ている。
アメリカ同様、ロシア・東欧にも多数のUFO墜落事件があったと推定されるが、表に出てきているのは、筆者が知る限りでは、1989年にロシア国内で起きた墜落事件と1996年にポーランドで起きた墜落事件である。
いずれの墜落事件でも、回収されたUFOは、カプスティン・ヤー基地に移送れて、リバース・エンジニアリング(解体研究)が行われたことが、多数の内部情報者(特に旧ソ連崩壊後は実名入りの)から報告されている。
 
 実際、地理分析の素人である筆者が、グーグルアースを使って同基地周辺を洗い出しただけでも、ハッピーサイエンス・大川隆法総裁の「遠隔透視」によって実態が明らかになった「中国秘密軍事基地」[注2]ばりの、怪しげな(笑)敷地を発見することが出来た。 




         米露にはすでにしっぺ返しが…次は中国の番か




 現在中国は、「アメリカに追いつき追い越せ」とばかりに、いささか"ノー天気な"宇宙開発に明け暮れている。
しかしそれが、一定水準を越えたとき、アメリカもロシアも、何者からかの手痛い「しっぺ返し」を受けたことは、この世界ではつとに知られた話である。
 
「なぜアメリカのアポロ計画が、アポロ17号を最後に突然打ち切られたのか」、
 
その真相はやがて明らかにされるだろうが、「今春公開されたドキュメンタリー映画『アポロ18』で描かれていたことがどの程度真実に迫っていたのか」という問題は別にしても、そこに一定のタブーがあることは、有名な話である。
一方のロシアも、火星の衛星フォボスに向った探査機が、二度までも宇宙空間で「撃ち落とされる」という手痛い目にあっている。
いずれにせよ、在任中のレーガン大統領が、国連演説の中で、
「宇宙からの侵略に備えて、米ソと世界は協力しなければならない」
と真顔(まがお)で強調したことは、あまり軽く見ない方が良いだろう。


 本ブログで既報したとおり[注3]、
「JALやANAのパイロットは、ほぼ全員UFOを目撃しているのに、口封じされている」
のは有名な話である。
航空自衛隊のパイロットによる膨大なUFO情報も、数十年間、隠ぺいされ続けたままである。
この国の政府もマスコミも、本気で宇宙開国(宇宙人情報の開示)に着手しなければいけない時期に来ているのだ。(了)


[注1]『宇宙の法入門』(大川隆法/幸福の科学出版)第二章
[注2]『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』(大川隆法/幸福の科学出版)
[注3]本ブログ中、『特報S20号「テレビで暴露! パイロットは全員、UFOを見ている!!』