2012年12月27日木曜日

(第52号) 『ロシア版“エリア51”の真相』


 
 今月(2012年12月)下旬、共同通信、The Liberty Web などが相次いで、

「ロシアのメドべージェフ首相が、『私は宇宙人ファイルを閲覧した』と発言した」

ことを報道した。いわく、
「ロシアの大統領は、核兵器のボタンのカバンと共に、宇宙人に関する最高機密も引き継ぐ。それは、地球に飛来した宇宙人に関する情報で、その中には、ロシア国内に存在する宇宙人をコントロールする秘密組織の報告書も含まれる」
と明らかにしたのである。
 
 確かに、ハッピーサイエンスの霊査によっても、
「アメリカだけでなくロシアも、一部の宇宙人から技術供与を受け、同時にその宇宙人の一部を保護して、生活の面倒を見ている」[注1]
と明かされているので、驚くには当たらないが、現実に、超大国の最高権力者の一人の口をとおして語られると、(インフォーマルなインタビューとはいえ)なかなか迫真に迫るものがある。
本年最後のコラムとして、今日は、アフタヌーンティー(午後の紅茶)の代わりに、ロシアの宇宙人基地の話をしてみよう。


         モスクワから八百キロ南にあるその基地の名は?


 アメリカの情報機関の資料よると、いわゆるロシア版「エリア51」と目される基地は、ロシア国内に二つある。
 
一つは、コードネーム「NⅡ-88」と言われる極秘施設で、アメリカでロサンゼルス・タイムズの記者もやり、『AREA51』という著書を持つアニー・ジェイコブセンによると、
モスクワの北東約六十数キロに在る。
もともとは、第二次世界大戦終了時、旧ソ連の赤軍が、アメリカの情報機関と先を争って、ナチスドイツの先端科学者の囲い込み(拉致)に取り掛かったとき、
その後アメリカに渡って、米軍製のICBM(大陸間弾道弾ミサイル)やアポロ月ロケットを完成させたフォン・ブラウン博士などはアメリカ側に押さえられたものの、残りの航空宇宙科学者をそこに強制移住させて、旧ソ連のロケット・ミサイル技術を研究・開発させた基地である。
ロケット技術もさることながら、アメリカ側には伝わらなかった円盤技術(反重力技術?)を開発していた科学者も、そこには含まれていた。
 
もっとも、残されている資料を見る限りでは、その基地で宇宙人との接触が行われていたという記録はなく、あくまで純粋な軍の秘密研究基地という位置付けなので、アメリカで言えば、どちらかというと、AREA51というよりは、ロスアラモス研究所(ニューメキシコ州)に近いだろう。


 もう一つが本命と言われている、
「カプスティン・ヤー秘密基地」
で、モスクワから約八百キロほど南で、カザフスタンとの国境からほど遠くない、ボルゴグラード(旧スターリングラード)の近くにある秘密の地下基地である。
 
表向きは「ロケット・ミサイルの実験基地」ということにされていて、実際、数多くの発射実験がそこでは行われてきた。
当地ではUFOの目撃例が多いほか、実際に旧ソ連空軍によるUFO撃墜事件が報告されている点は、アメリカのロズウェル基地にも似ている。
アメリカ同様、ロシア・東欧にも多数のUFO墜落事件があったと推定されるが、表に出てきているのは、筆者が知る限りでは、1989年にロシア国内で起きた墜落事件と1996年にポーランドで起きた墜落事件である。
いずれの墜落事件でも、回収されたUFOは、カプスティン・ヤー基地に移送れて、リバース・エンジニアリング(解体研究)が行われたことが、多数の内部情報者(特に旧ソ連崩壊後は実名入りの)から報告されている。
 
 実際、地理分析の素人である筆者が、グーグルアースを使って同基地周辺を洗い出しただけでも、ハッピーサイエンス・大川隆法総裁の「遠隔透視」によって実態が明らかになった「中国秘密軍事基地」[注2]ばりの、怪しげな(笑)敷地を発見することが出来た。 




         米露にはすでにしっぺ返しが…次は中国の番か




 現在中国は、「アメリカに追いつき追い越せ」とばかりに、いささか"ノー天気な"宇宙開発に明け暮れている。
しかしそれが、一定水準を越えたとき、アメリカもロシアも、何者からかの手痛い「しっぺ返し」を受けたことは、この世界ではつとに知られた話である。
 
「なぜアメリカのアポロ計画が、アポロ17号を最後に突然打ち切られたのか」、
 
その真相はやがて明らかにされるだろうが、「今春公開されたドキュメンタリー映画『アポロ18』で描かれていたことがどの程度真実に迫っていたのか」という問題は別にしても、そこに一定のタブーがあることは、有名な話である。
一方のロシアも、火星の衛星フォボスに向った探査機が、二度までも宇宙空間で「撃ち落とされる」という手痛い目にあっている。
いずれにせよ、在任中のレーガン大統領が、国連演説の中で、
「宇宙からの侵略に備えて、米ソと世界は協力しなければならない」
と真顔(まがお)で強調したことは、あまり軽く見ない方が良いだろう。


 本ブログで既報したとおり[注3]、
「JALやANAのパイロットは、ほぼ全員UFOを目撃しているのに、口封じされている」
のは有名な話である。
航空自衛隊のパイロットによる膨大なUFO情報も、数十年間、隠ぺいされ続けたままである。
この国の政府もマスコミも、本気で宇宙開国(宇宙人情報の開示)に着手しなければいけない時期に来ているのだ。(了)


[注1]『宇宙の法入門』(大川隆法/幸福の科学出版)第二章
[注2]『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』(大川隆法/幸福の科学出版)
[注3]本ブログ中、『特報S20号「テレビで暴露! パイロットは全員、UFOを見ている!!』



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。